いろんな体臭の原因と対策

体臭の中でもかなり高い関心のある口臭ですが、要因としてはおそらく他の体臭よりも身近だからだと思われます。

わきがや加齢臭は深刻度は高い反面、対象となる人が口臭よりも狭まってきます。 口臭は老若男女だれもが抱える可能性のある問題なので高い関心があるのかと思います。

しかしそれだけ関心のある問題なので、しっかり調査していきたいと思います。


口臭原因

口臭の原因をぱっとイメージすると、単純に口内が汚いからかと思ってしまいますが、そう単純な話ではないようです。

もちろん歯磨きをしないなど不衛生にしていると口臭の原因となりますが、他にも以下のような原因があるようです。

臭いの強い食べ物を食べた時、蓄膿症など鼻や喉の病気にかかった時、虫歯や歯周病など口内の病気にかかった時、胃腸の調子が悪かったり病気にかかった時、糖尿病や腎不全、 癌などの病気にかかった時、疲労、ストレス、薬の副作用、加齢、常時口呼吸、ビタミン剤の大量摂取、食べ物を良く噛まない、思い込み。

簡単に箇条書きしましたが、結構な数の口臭原因があげられます。※最後の「思い込み」は思い込みが強すぎて口臭を意識しすぎてしまう「自臭症」というものがあるので書きました。

口臭にはこれだけの原因があるので、広い年代で多くの方が気になっているのも頷けますね。

傾向として大きくは、臭いの強いものを食べた時など一時的に生じる生理的口臭、病気が原因で慢性的になる病的口臭がありますので、対策もそれぞれ適切な対策をしなければなりません。


口臭対策

原因が生理的な口臭の場合一時的なものなので、わりと簡単な対応のものが多いです。

ニンニクやアルコールなど臭いの強いものを食べた時は、市販で売っている口臭清涼剤を使用するのが手取り早くて良いかと思います。

最近はガム・アメ・タブレット・フィルム・ドリンク と多種多様なタイプのがコンビニ等で手軽に手に入るので、飲み会に行く前などに購入して行くと良いでしょう。

忘れてしまって手持ちになかった場合は、牛乳、レモン、梅干、ミントなどの食材が消臭に多少効果があるので良いかと思います。

喫煙やコーヒーも口臭の原因となります。しかしどうしてもやめれなかったりするかと思いますので、量を押さえたり合間に口臭清涼剤の食品をとる事で対策してみましょう。

あと基本的に唾液の減少で口臭が発生します。唾液が減少する要因は、ストレスや睡眠などの生理的口臭も虫歯などの病的口臭もありますので、こちらも原因にあわせて対処しましょう。


病的口臭の場合は元となる病気を治さないと口臭も治りません。

口臭の原因となる病気は広く色々あって、虫歯や歯周病などの口内のものから、慢性鼻炎や肝炎など鼻や内臓の場合もあります。

口臭は体の異常を伝える役目もありますので、慢性的に口臭が治らず病気の心当たりのある方は早急に専門の病院へ行って治療して下さい。


少しでも口臭について、分かった事などありましたか?少しでも役に立つ内容などあったなら幸いです。