いろんな体臭の原因と対策

加齢臭とは体臭の一種で、30代・40代と年と共に体質が変化し、生み出される独特の臭いです。

男性からする臭いのイメージがありますが、差はあれど男女どちらも発生する可能性があり、男性なら主に30代から徐々に、女性なら40~60頃が一般的です。

・加齢臭の臭いとチェック方法

加齢臭の臭いは、よく蝋燭やチーズ、古本のような臭い(かびくさい)と言われていますが、古くなった脂のような臭いがしたりもします。

他の体臭も一緒に臭ったり、臭いに慣れてしまったりするため、なかなか加齢臭なのか判断が難しかったりしますが、臭いの分泌が強い部分(頭部、首周り、わきの下、胸元、背中、など)がありますので、そこを重点的にチェックして見ましょう。

・加齢臭の原因と対策

加齢臭の原因となるものにノネナールやペラルゴン酸と言う物質があり、これらの元となる物質が加齢と共に分泌が増えるのが主な原因の一つと言われています。

このノネナールやペラルゴン酸は皮脂が酸化すると発生するので、皮脂や酸化自体も原因の一つと言えます。

ですので、間接的になりますが皮脂の分泌が多くなるモノや、酸化を促進させるモノは加齢臭の間接的な原因と言えます。

例えば食生活において、肉などの脂分が多い食べ物ばかりを摂取したり、野菜を全く取らないバランスの悪い食生活を続けていると皮脂の分泌が増え加齢臭の原因となってしまいます。

酸化を促進させるモノとしては、紫外線やストレス、タバコなどが原因となりますので、これらを多く受ければ受けるほど加齢臭の可能性が増します。

上記のような原因がありますので、食生活においては野菜や海藻などを食べバランスの良い食生活を続ければ、加齢臭を抑える事が出来ます。

酸化に対しては、ストレスを溜めない、紫外線対策をする、タバコを止める、などを心がけると良いでしょう。